車検をスムーズに通すなら、日ごろからの定期点検も大切 ○1

車検をスムーズに通すためにはオイル交換や定期メンテナンスがしっかりと行われている事が大切です。車検前の整備工場においてメンテナンスが必要でない場合はそのままパスされ、次ステップである車検時の点検もそのまま通過する事ができるためです。車検時において、点検をしておきたい箇所はとてもたくさんありますが、比較的簡単なメンテナンスとしてはスパークプラグの点検があります。車検時において、普通品のスパークプラグは数年ごとに交換をする必要があります。これは、エンジン内部において激しく点火を繰り返しているスパークプラグは、使用ごとに徐々に金属が磨耗してきて、いずれは着火不具合を引き起こし始めるためです。スパークプラグを取り替える事で、エンジン始動時の着火性が高まり、エンジンのシリンダー内部においての燃焼効率を上げる事ができます。

書類管理

念仏宗